スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                

HGUC ガンキャノン(機動戦士ガンダム) その⑤ 完成

2日前には完成していたのですが、時間がなかったりデジカメの電池が切れたりでちょっと時間が空いてしまいました。

できれば毎日更新したいので、記事をある程度溜めておきたいですね。

 

それはさておき、完成品です。

RIMG0194_thumb[2]_thumb

あおりを入れて撮影するとよりマッシブな感じになります。良い感じです。

なお、つや消しのトップコートで仕上げています。

 

全体像です。

RIMG0178_thumb[2]_thumb RIMG0185_2
RIMG0182_thumb[3]_thumb RIMG0187_2

 

続いてポージングです。

RIMG0174_thumb[4]_thumb

専用の手がついているので、このポーズ外せません。もうちょっと顔が動けばいんですけど。

なにげに足のデカールが生きている気がします。

 

RIMG0170_thumb[2]_thumb

「くらえ!」

 

RIMG0157_thumb[2]_thumb

「くそ!当たれ!当たれぇ~」

なにげにカイさんは射撃当たらないイメージがあります(笑)

 

最後は、ビシッと。

RIMG0193_thumb[2]_thumb

「残念ながらこれで終わりなのよね」

 

 

■まとめ

目標:計画的に丁寧に仕上げる(特に部分塗装、仕上げ前の確認)

 

結果:ほぼ達成。合わせ目消しで合わせ目がずれるなどの失敗あり。要トレーニング。

 

感想:

結果としては、悪くない出来だと思っています。

正直言うと、合わせ目消しが失敗した辺りからやる気をかなり失ってしまい、次に行こうかな?とも思いました。

ですが、投げ出さすに仕上げて正解だっと思っています。

なんか作ってるうちに愛着が湧いてくるんですよね。

これもプラモデルの魅力に1つなのかも知れません。

また新たな発見があったのも大きな収穫でした。

 

発見:

・メラニンスポンジは、汚れ落としや仕上げに非常に便利。

・途中で投げ出すべからず、作ってるうちに愛着が湧いてくることもある。

 

反省:

細かいこと言えばいろいろあるが、あえてなし。

次は、さらに丁寧に仕上げることを心懸ける。

スポンサーサイト
                

HGUC ガンキャノン(機動戦士ガンダム) その④ デカール貼り

昨日まで全くのノープランでしたが、何とかデカール貼りを終えました。

それにしてもかなり悩みました。作業している時間より、デカールを選んでる時間の方が圧倒的に長かったです(笑)

 

今回はキット付属のマーキングシールに加え、3種類のデカールを使っています。

・1/100 MG 「Gファイター ガンダムVer.2.0用 V作戦モデル」用

・機動戦士ガンダム00用③(MGジンクス用&各種部隊マーク)

・NCデカール05 1/144 ホワイト

 

全体像です。

RIMG0125_thumb[2] RIMG0127_thumb[2]
RIMG0126_thumb[2]  

マーキングシールは、108つまりカイさん仕様をチョイスしました。やっぱりガンキャノンと言えばカイさんです。

 

各部拡大です。

RIMG0144_thumb[2] RIMG0145_thumb[2]

マーキングシールはマニュアル通りの位置です。つま先にNCデカール05を貼り付けています。

 

RIMG0133_thumb[2] RIMG0132_thumb[2]

左写真はMGジンクス、右写真はMGガンダムのものを使用しています。

左写真のデカール、これは結構気にいっています。

でも、微妙にずれてますね。写真を見るまで気がつきませんでした(^_^;)

 

RIMG0129_thumb[2] RIMG0130_thumb[2]

左写真のバックパックは、MGガンダムのもの、右写真の腰の部分はMGジンクスのものを使用しています。

腰の部分のデカールは、ちょっと目立ち過ぎかなと思ってましたが、バックパックの影になるので思ったより目立ってません。結果オーライです(笑)

 

RIMG0142_thumb[2] RIMG0139_thumb[2]

両方とも、MGガンダムものを使用しています。連邦・WBのマークは白がなかったので仕方なしになんですが、こうして見るとマーキングシールが際立って見えるのでこれはこれでありかと。

 

もっと貼れそうな気もしたんですが、なかなか難しくこんな感じになりました。

他にも貼ったりはしたのですが、しっくりこなくて剥がしてしまいました。

 

デカールは貼るのももちろんですが、どこに何を貼るか非常に難しいですね。

入手も簡単でないのが、また厳しいです。

正直、あんまり使うともったいないと思ってましたが、積極的に練習して行こうと思います。

                

HGUC ガンキャノン(機動戦士ガンダム) その③ 部分塗装、スミ入れ

今日は、部分塗装、スミ入れまで進みました。というか進んでしまいました(^_^;)

仮組み状態での写真を取り忘れてしまいましたorz

 

気を取り直して全体像です。

RIMG0109_thumb[2] RIMG0112_thumb[2]
RIMG0111_thumb[2] RIMG0113_thumb[2]

スミ入れの後、メラミンスポンジで表面を磨いています。つやが消えている部分が多いのはそのためかと思います。

それにしてもこれ良いですね。激落ちくんの商品名で有名なメラミンスポンジですが、その名の通り激落ちです。

スミ入れの拭き取り時に汚れが残ってしまいがちなのですが、簡単に取れます。おかげで効率がぐっと良くなりました。

 

続いて各部拡大です。

RIMG0115_thumb[2] RIMG0123_thumb[2]

キャノンの合わせ目が消せてないです。これは、接着面がずれてしまっていてうまくリカバーできませんでした。

 

RIMG0122_thumb[2] RIMG0121_thumb[2]

背面は情報量が多く、良い感じです。

右足も接着面がずれてます。モールドの段差も消すことが出来ませんでした。

確認漏れというより、時間経過でずれたんだと思います。ヘタにクリップで固定しない方が良かったです(^_^;)

 

RIMG0116_thumb[2] RIMG0119_thumb[3]

膝の合わせ目が見えてます。これは特にミスした訳ではなく、どうしようもない感じでした。

 

RIMG0114_thumb[2]

致命的なのはこれです。肩の合わせ目。これもずれてました。しかもすごく目立ちます。

横からの写真は危険です(^_^;)

 

いろいろと粗があるというかありまくるのですが、何とか完成までは持って行けそうです。

後はデカールを貼って、トップコートして完成です。

問題はデカールなんですよね。今の所ノープランです(^_^;) どうしようかな?

                

HGUC ガンキャノン(機動戦士ガンダム) その② 合わせ目消し

RIMG0002_thumb[3]

接着剤をつけ、3日以上たった状態です。

ここからせっせとヤスリで削っていきました。

 

最初のかんながけは、セラミックナイフ(NTカッター D-400の刃先だけセラミックにしたもの)を使ってやりました。

手が切れないが売りの商品でしたが、確かに手も切れないですし、余計な部分をうっかり傷つけることもありません。

かんながけ性能も十分だと思います。何より、削るときに甲高い不快な音がしないのが良いです。

今回は、球面が多かったので、ほとんど3Mのスポンジヤスリで仕上げました。

 

RIMG0068_thumb[4]

研磨後の写真です。

こうして見るとあまり粗はなさそうですが、いろいろやらかしています。

接着面がずれてるものがあるし、必要なのないところに接着剤を塗っていたりします。

なんとかリカバーしようとしましたが、結局汚い仕上がりになってしまいました。

これでは、合わせ目を消しをしなかった方が良かったかも知れません。

接着剤は取り返しがつかないので、特に慎重にやらないと行けないですね。

 

RIMG0061_2

足の下側は再度、接着剤でくっつけています。乾燥に3日待ちです。

 

3日素直に待つか、平行して進めるか、はたまた違うキットに手を出すか・・・悩むところです。

                

HGUC ガンキャノン(機動戦士ガンダム) その① 準備

RIMG0052

第5弾 HGUC 1/144 RX-77-2「ガンキャノン」。

Amazonで534円で売っている、お手頃な価格のHGUCです。

 

RIMG0057

数字見てびっくり。これがHGUC 第一弾だったんですね。てっきりガンダムが最初かと思ってました。

ちなみに、これが発売されたのが1999年5月だそうです。

13年たった今でもこうして手に入るわけですから、その人気の高さを思い知らされます。

それにしても、最新のHGUCは一体何番なんでしょうね?

 

今回は、新しいことはする予定はありません。ひたすらトレーニングです。

ただ、成形色が赤なので、ゲート処理や合わせ目消しの跡がより目立つと思われるので前回のジムよりは難易度は上がると思います。

 

作製手順:

  1. ゲート処理

  2. 合わせ目消し

  3. 仮組み

  4. 部分塗装

  5. スミ入れ

  6.デカール貼り 

  7. トップコート

 

目標:計画的に丁寧に仕上げる(特に部分塗装、仕上げ前の確認)

トレーニング:ゲート処理、合わせ目消し、部分塗装、スレ入れ、デカール貼り、トップコート

チャレンジ:なし

 

・・・などと、言ってますが、実はもう合わせ目消しまで進んでます。今回も完全に後追いでの計画です(笑)

せめて次回からは、最初からきっちりやりたいですね。

                
カテゴリ
プロフィール

けんじぃ

Author:けんじぃ
ガンプラ初心者というか入門者です。このブログを通じていろんな方と知り合えたらと思っています。よろしくお願いします。

最新コメント
プレミアムバンダイ オススメ商品
プレミアム バンダイ
Amazon オススメ商品
Powered by amaprop.net
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4733位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
639位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

製作状況
HGBF ハイモック
サフチェック中です。9月中頃完成予定です。
スポンサードリンク
完成品ギャラリー
人気記事
スポンサードリンク
相互リンクサイト更新チェック
逆アクセスランキング
相互リンク
登録順になってます。相互リンク募集中です。
スポンサー
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。