スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                

アニメ感想:ガンダムビルドファイターズ 第20話「裏切りのアイラ」

今回は、アイラ、フェリーニ対戦回です。

PPSEの開発室から始まり名人カワグチの新ガンプラが登場します。
エクシアの改造機なのですが、わざわざトレミーのコンテナに収納されていたりとなかなか演出も凝ってます。

その後アイラのフラナガン機関に出資しているマフィアのボスっぽい爺さんが出てきます。
勝ちに妙にこだわることからなんかすごい野心でも持ってるのかと思ったら孫のためという肩すかし。
このアニメひょっとしたら悪人いないのかも知れませんねー

 

ラルさんとフェリーニ会話などはさみつつ、後半。
いよいよバトル開始です。

 

キュベレイのクリアファンネルを見て逃げに徹するフェニーチェ。
これ今まで解説されてなかったんですけど、ただの見えないファンネルみたいですね。
クリアパーツで出来てるとかそんな感じでしょうか?
アイラはどうも次の試合のレイジ君の対決を意識して戦いに集中していません。
あっさりクリアファンネルを打ち落とされ、その後は見えるファンネルで対抗しますが、フェニーチェに追い詰めれて行きます。
苦戦ぶりに業を煮やした出資者の爺さんが何とかする様に言って来ます。
そこでトレーナーがエンボディなるものの出力を上げてしまいます。
苦しむアイラ。そこからキュベレイの猛攻が始まります。
一方的にボコられぼろぼろにされるフェニーチェ。
どうやらアイラの強さの正体は動きを読むということにあるようです。
エンボディは能力の増強をするものみたいですね。

上半身だけになっても勝利を諦めないフェリーニ。ここら辺はさすがですね。
そして最後は自爆して一矢報いようとします。
そして自爆スイッチを押す瞬間、またまた邪魔が入ります。
今回はキララな訳ですが、軟弱物!今日勝てなければ明日勝てばいいとかまぁそんなこと言って止めます。
まぁいろいろ台無しです。なんと言っても声優さんが演技ダメでした。
すごむのは良いけど誰?って声になってましたね。
フェリーニもクールじゃないとか言って自爆を止めるんですが、レイジ君とあれだけやり合ったフェリーニとは思えないですね。勝負は決しているんだから見苦しい的な感じなんでしょうけど、なんだかなー

 

勝負は決しましたが、試合は終わりません。
暴走状態になったキュベレイに執拗に攻撃されなぶり殺しにされてしまいます。
見かねたレイジ君がビギニングガンダムで乱入しますが、瞬殺されてしまいます。
直接抗議に駆け寄るレイジ君。
アイラは暴走状態から意識を取り戻しますが、ヘルメットが壊れていたことからレイジ君に素顔を見られてしまいます。

アイラだと気がついたレイジ君が「何してるんだ!アイナ!」激高して今回は終わりです。

 

アイラの絶望した顔が何とも言えなかったですね。胸の痛む話でした。
次回に救いがあると良いのですが・・・


以下、ダイジェスト的な物

  • 出張から帰って来た会長の追求から逃れるために隠れる秘書さんかわいい
  • セイ君は筋金入りのガンダムオタク
  • インタビューのチナちゃん最高にかわいかった
  • レイジ君達は遅刻の常習犯

 

関連記事
                

コメントの投稿

Secret

アイラが大変なことに…

前半と後半の差が激しい回でしたね~。フェリーニの試合の結果は分かりきっていましたが地形を巧みに使ったファンネル潰しは見てて壮快でした。クリアファンネルついては15話で既にギュネイ似が「やはり、透明の…!」と言ってましたね。
キララの説得シーン、ダメでしたかー…。自爆しなかったからこそのBF、遊びだから負けても次があるからこそBFという感じがして自分はとても好きです。セイとレイジとの試合の違いはフェニーチェを使って、ボロボロになっても勝ちにいくか、自爆して良くて相討ちでしかもフェニーチェを失うかの違いだと思います。
長くなりすいません。自分はこう感じました。

No title

BF好きさん

こんにちは、いつもコメントありがとうございます。

自爆のところですが、作った側の意図を素直に理解するとBF好きさんのおっしゃる通りだと思います。

ですが、それが僕には何だかなーと写ったんですよね。
自爆ですが、ガンプラバトル遠隔操作ですから当然ファイターには全く影響しません。
そういう意味では悲壮感皆無です。そしてガンプラが再起不能になるのかというとこれまた疑問です。
ガンプラですからね。
元々市販されてるガンプラを改造したものですし、直すのも簡単だと思います。
印象的だったビルドストライクとの対決回でも再起不能レベルと思われる程の損傷でしたが、
すぐに復活してます。そういう意味でもなんだかなーと。

個人的には、自爆ってガンプラバトルにおいてはただの攻撃手段だと思ってます。
特攻的な悲壮感はないと思うんですよね。
なので、今回の場面は自爆しようとするんだけど、愛着故に迷ってその隙にアイラの阻止されるとか
避けられるとかで良かったと思うんですね。
自爆したとしても、元ネタであるウイングガンダムと同じく自爆後に修復されて戦線復帰でも原作の
オマージュっぽくて良かったと思います。

ミホシの次がある~という説教ですが、フェニーチェを失ってまで勝利を掴んで何の意味がある的な
感じなんでしょうが、それだったら捨て身状態で殴りあっていたビルドストライク戦はどうなるのと。
先に書いていますが、失うこともないと思うんですよね。
共に戦って来た機体に愛着が~というのも含んでいるんでしょうけど、生死と共にした記憶とかすごい
技術の結晶で復元不可能って訳でもないですし、まぁ魂がこもってる的なところもありますが、ガンプラ
だとそれはまた理解しにくい。
バトルということを考えればスペアは作っておくだろうし、気に入ったキットなら何回も作ったりして
結局複数持ってたりするんですよね。

あとキットでフェニーチェリナーシタのことを知っていたので~というのもあります。
リナーシタが登場するのも話の尺から言って大会中だと思うのですが、フェニーチェから大きく変更されて
います。こだわりにある非対称のデザインを捨て、これまたオミットされたはずの変形機構が戻っていたり
と今までのフェニーチェは何だったんだってキットでして・・・

発売されるキットもおそらくほとんど新規金型で作られていると思います。
とまぁそんなのも相まってフェニーチェに対する愛着もようわからんなーって感じだったりします。

返信ありがとうございます

私のコメントに対するコメント、ありがとうございました。成る程、リナーシタを知ってましたか…。一応あれは公式サイトのページだと、「ウイングガンダムフェニーチェリナーシタ」となっているので今までのフェニーチェをおざなりにしているわけではないですけど確かに原型がなくなっていますね~。
自爆についてですが、
「見せてやるぜ、俺の自爆ショーを!」

女に阻止される
なのでトロワとキャスリンのオマージュらしいです。またすごい所からネタ拾って来ましたね(笑)勝ち負けですが完全にポケモン方式で考えてました。自分も相手も残り一匹で自分が自爆して相手を倒すと自分が負けになるんですよね。

No title

BF好きさん

こんばんは、コメントへのご返信ありがとうございます。

自爆がトロワのオマージュだったとは!?
いやはや気がつきませんでした、テンションは全然違いますが台詞だけで見れば確かにそうですね。
だったらミホシにはビンタして欲しかったですねー

でも、あのエピソード印象深かったです。トロワとキャスリンの関係を決定づけるエピソードでしたから。
またウイング見たくなりました。
調べたら今回の元ネタ、キャスリンの涙は13話だそうです。

元ネタがどうとか話ができるのもBFの魅力の一つですね。
またいろいろとお話出来るとうれしいです。
カテゴリ
プロフィール

けんじぃ

Author:けんじぃ
ガンプラ初心者というか入門者です。このブログを通じていろんな方と知り合えたらと思っています。よろしくお願いします。

最新コメント
プレミアムバンダイ オススメ商品
プレミアム バンダイ
Amazon オススメ商品
Powered by amaprop.net
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3716位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
489位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンタ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

製作状況
HGBF ハイモック
サフチェック中です。9月中頃完成予定です。
スポンサードリンク
完成品ギャラリー
人気記事
スポンサードリンク
相互リンクサイト更新チェック
逆アクセスランキング
相互リンク
登録順になってます。相互リンク募集中です。
スポンサー
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。